QQ Englishオンライン英会話の効果|実際に2年以上使ってみた体験談

QQHPトップ

今回の記事では、フィリピンのセブ島留学でも有名なQQ Englishのオンライン英会話スクールについて取り上げてみたいと思います。

僕は現在商社に勤めており、最近ではアジア圏を中心に海外出張に出る機会が多いのですが、かつての僕は英語が全然できませんでした。

僕が英語を話せるようになった要因として、長年に渡ってオンライン英会話を活用してきたことがあげられます。

これまでいろいろなオンライン英会話スクールを試してきましたが、今回取り上げるQQ Englishは僕が最も長い期間利用しているスクールになります。

利用期間は2年以上になりますので、実際にQQ Englishを使ってみた感想や人気カリキュラムとなっているカランメソッドの効果など細かい部分まで把握していますので、今回の記事がQQ Englishを検討している方の参考になれば幸いです。

【QQ English】カランメソッドとR.E.M.S.で他校との差別化に成功

QQ Enlishは2009年に設立され、フィリピンのセブ島に実際のスクールまで持っているオンライン英会話スクールです。

QQ Englishと言えば、セブ島への短期語学留学が有名ですが、オンライン英会話サービスも提供しています。

また、QQ Englishは日本で数少ないカランメソッドの認定校となっており、日本で初めてロンドンのカランスクール本校から正式認定を受けたスクールとして知られています。

カランメソッドとは?

callan-method-logo

イギリスのロンドンで生まれた英語学習法です。

その効果の高さから50年以上に渡り世界中の語学学校で利用されています。

カランメソッドは他の学習方法と比べて「4倍速で英語脳になる」というのが売りで、教師が高速で質問してくるのに対し、瞬時に英語で回答していくという流れが繰り返されます。

頭で考えるすきもなく、反射的に英語で反応しなければならない独特のハードなメソッドとなっています。

カランメソッドにはテキストがありますが、基本的にはレッスン中にテキストを見ながらレッスンを進めることはしません。

ひたすら耳で聞いて英語で答えるという形式になります。

そしてカランメソッドでは復習が重視され、復習時にテキストを見ながらレッスンを振り返る形になります。

次のレッスンの冒頭では、前回のレッスンで学習がスタートした所からさらに前にさかのぼった部分から復習をするルールになっています。

つまり、

レッスンが終わったら復習する→次のレッスンは復習から始まる

というサイクルになるので、一つ一つの文章を何度も反復するのが特徴となっています。

カランメソッドを行うには教師にもスキルが必要になりますが、QQ Englishの教師陣はしっかりとしたトレーニングを積んでいるので効果的にカランメソッドの学習ができます。

僕がQQ Englishを選んだのは、このカランメソッドで英語に反応する瞬発力を高めたかったことが一番の大きな理由です。

こちらはQQ Englishのカランメソッドを使ったレッスン動画になります。

通常のオンライン英会話のレッスンと違い、かなりスパルタな内容になっているのがお分かりいただけるかと思います。

R.E.M.S.は革新的な英語学習メソッド

カランメソッドはQQ Englishの代名詞とも言える存在ですが、カランメソッドに加えて、他のオンライン英会話スクールとさらに一線を画す新しいカリキュラムとして「R.E.M.S.」が2019年に完成しました。

R.E.M.S.の名前はラテン語に由来し、”Repetitio est mater studiorum”の頭文字を取ったものです。

英語にすると”Repetition is the mother of learning”。

意味は「反復は学習の母である」となります。

R.E.M.S.はカランメソッドと同じく英語を反復する学習方法がベースになっています。

しかしカランメソッドと大きく異なるのは、R.E.M.S.では単なる反復だけではなく、頭も使うという点です。

カランメソッドは一つの疑問文に対し、一つの答えを出すということを繰り返します。

一方、R.E.M.S.では一つの文章をいろいろと変形させていくので、英語の応用力がきたえられます。

さらに発音の指導もあるので、より実践に近い英会話の練習ができる、非常に優れたメソッドになっています。

R.E.M.S.のレッスンの流れ

REMSレッスンの流れ

こちらはR.E.M.S.のレッスン紹介動画になります。

スピードはカランメソッドほど早くはありませんが、頭を使ったレッスンになるので結構疲れます。

個人的には、カランメソッドを先にやってある程度カランメソッドに慣れ、英語を話すスピードが上がってきてからR.E.M.S.に挑戦すると、英語力が飛躍的に伸びたことを実感できるのではないかと思います。

QQ Englishでは、従来のカランメソッドに新しいR.E.M.S.が加わったことによって、ありきたりのテキストを中心とした従来通りのレッスンを主体とする他のオンライン英会話スクールとの明らかな差別化に成功したと言っても過言ではないでしょう。

>> QQ Englishの公式サイトはこちら

QQ Englishの概要

受講時間帯 24時間受講可能
講師数 
1200人(全講師正規雇用)
レッスン提供場所オフィス
支払方法PayPal
無料体験レッスン回数2回

QQ Englishの料金プラン

月会費プラン(毎月400ポイントを自由に利用可)月額3,685円(25分×月4~8回、1レッスン=460円~)
毎日プランシンプル月額4,980円(1日:25分×1レッスン、1レッスン=160円)
毎日プランプレミアム月額9,500円(1日:25分×1レッスン、1レッスン=306円)

※価格は税別価格

【QQ Englishのデメリット】他のスクールとの比較

僕が長い期間に渡ってQQ Englishを利用しているのは、他のスクールと比べて優れている点が多いと感じているからですが、QQ Englishも完璧ではありません。

僕がQQ Englishを使っていて感じたデメリットについても正直にお伝えしたいと思いますので、参考にしてください。

予約システムが使いにくい

どこのオンライン英会話スクールでも同じですが、レッスンを予約するときには、日にち、時間帯、カリキュラムなどの項目を指定して教師の検索を行います。

すると指定した条件内で受講可能な教師一覧が出てきます。

次に、気になる教師のプロフィールなどを確認します。

ここで別の教師もチェックしてみたい場合に、検索結果の一覧に戻ろうとすると、QQ Englishの場合は検索結果の一覧に戻ることはできず、検索時に指定した条件がすべてクリアになってしまいます。

つまり気になる教師をチェックする度に、毎回同じ検索条件を指定し直さなければいけないのです。

他のオンライン英会話スクールでは、一度検索条件を指定すれば気になる教師を連続でチェックすることができるので、この点だけは早期に改善していただきたいと感じています。

プランごとの細かな決まり事が多くて複雑

QQ Englishのプランは他のオンライン英会話スクールと比べて、プランごとの細かいルールが異なるので分かりにくくなっています。

QQ Englishの料金プランは、

月会費プラン
毎日プランシンプル
毎日プランプレミアム

の3種類です。

ここではQQ Englishのプランを理解するうえで押さえておくべきプランごとの主な相違点を表にまとめてみました。

月会費プラン毎日プランシンプル毎日プランプレミアム
カリキュラム全16カリキュラム受講可全16カリキュラム受講可7種類のカリキュラムのみ

(カランメソッド、R.E.M.S.は受講不可)

予約ルール2週間先まで予約可能1つのレッスンが終了するまで次のレッスンは予約できない1つのレッスンが終了するまで次のレッスンは予約できない
教師の予約すべてのポイントの教師※50ポイント教師のみ50ポイント教師のみ

※教師ポイントについて
QQ Englishでは、教師によってレッスンポイントが異なります。
現在、50ポイント、75ポイント、100ポイントの3種類の教師が在籍しています。
ポイントが高くなるほど、熟練度や生徒からの評価が高くなります。

QQ Englishではプランによって受講できるカリキュラムやレッスンの予約ルール、予約できる教師が異なってくるので、しっかりとプランごとの違いを理解しておかないと、後でプラン変更をする必要が出てきます。

2年以上体験して分かったQQ Englishのメリットと効果

講師の質の高さと安定度はナンバーワン

教師画像

僕はこれまでいろいろなオンライン英会話スクールを利用してきたので断言できますが、他のスクールと比較してもQQ Englishの教師陣の質は非常に良いです。

たまに新人教師に当たると若干ぎこちなかったりする場合があるものの、大きなハズレはなく、教師の安定度は業界ナンバーワンだと言えます。

QQ Englishの教師陣の質が高い理由は、QQ Englishでは教師全員が正規雇用されているところにあると言っていいでしょう。

他のスクールではパートタイムとしての採用で、在宅ワークで働いている講師が多くなっていますが、QQ Englishでは教師の雇用が安定しています。

そのため、他のスクールよりも教師の責任感が強く、モチベーションも高いといった違いがあります。

またQQ Englishの教師たちは英語指導の国際資格であるTESOLの取得が義務付けられているうえ、本当にしっかりとトレーニングを受けていると感じます。

QQ Englishの看板カリキュラムであるカランメソッドやR.E.M.S.はレッスンの流れが非常に速く、教える側にもスキルが求められますが、どの教師も生徒の英語力が伸びるようにしっかりと教え方をマスターしています。

さらにQQ Englishでは経験を積んで生徒からの評価が高い教師を、他の教師たちの指導・監督役へと引き上げる仕組みがあり、教え方が上手な先輩教師が他の教師のスキルを底上げするという企業努力が行われています。
(生徒側としては、お気に入りの教師が指導・監督役になるとその教師のレッスンをほとんど受けられなくなってしまうのが痛いところです)

これまで他のオンライン英会話スクールを利用し、講師の当たりはずれに悩まされている方は、教師の質が安定しているQQ Englishを試してみてはいかがでしょうか。

>> QQ Englishの公式サイトはこちら

通信品質が安定している

通信環境

QQ Englishでは、すべての教師がオフィスからレッスンを行います。

オフィスはフィリピン政府が経済特区に指定して開発を進めている「ITパーク」の中にあります。

フィリピンではネット回線が不安定で速度が遅いところが多いのですが、ITパークエリアには光ファイバーが張り巡らされているので通信品質が非常に安定しており、レッスンの途中で通信トラブルが発生することはほとんどありません。

こちらの動画にはQQ Englishのオフィスの様子が映っていますが、先進的なオフィスであることが分かると思います。

他のオンライン英会話スクールではよくありがちな、講師の自宅から不安定な回線を通してレッスンをやっている最中に、講師の自宅周辺の騒音が入ってくるといった問題とは無縁です。

QQ Englishならば、安定した通信環境のもとでしっかりと英会話レッスンに集中できます。

>> QQ Englishの公式サイトはこちら

日本人スタッフによるサポート体制も万全

日本人スタッフ

QQ Englishでは、初回の無料体験レッスンのときに日本人スタッフによるガイダンスを行ってくれます。

まず無料体験レッスン開始前にガイダンスがあり、レッスン終了後には再度日本人スタッフの方が相談に乗ってくれます。

僕がQQ Englishで初めて無料体験レッスンを利用したのは2年以上前のことになりますが、その当時非常に丁寧に応対していただいたことを今でも覚えています。

また、QQ Englishでは初回のガイダンスだけではなく、通常のレッスン時のサポート体制も整っています。

オフィスがあるフィリピン現地の教師のそばには日本人スタッフが常駐。

スカイプによる日本語サポートは早朝6:30から深夜25:00まで対応となっていますので、万が一のトラブルがあったときや相談したいことがある場合にも心強い存在になってくれます。

カランメソッドは実際に効果的である

カランテキスト

QQ Englishと言えばカランメソッドです。

僕がQQ Englishを始めてみようと決意したのもカランメソッドが最大の理由でした。

この記事の冒頭でもお伝えしたように、カランメソッドはレッスンのテンポが非常に速く、日本語で考えている暇はありません。

レッスンはテキストを見ずに、教師が話す英語を集中して聞き、間髪入れずに正確な英語で答えることが要求されます。

僕がカランメソッドを始めた当初はうまく答えることはできず、慣れるまでには1ヶ月ほどの時間を要しました。

これはカランメソッドに挑戦する人の多くが通る道だと思いますので、カランメソッドを始めたけど全然うまく行かないからといって、すぐにあきらめずに根気よく続けることが大切です。

僕が実際にカランメソッドの効果を感じられたのは半年ぐらい経った頃だと思いますが、まずリスニング力がアップしたことに気が付きました。

カランメソッドでは教師が通常の英会話レッスンよりも早くしゃべることに加え、レッスンではテキストを見ないので、常に教師が話す内容に全神経を集中させることがリスニング力アップにつながるのだと思います。

リスニング力の次に実感したのが、英語で返答するときのレスポンスが早くなったことです。

カランメソッドを始めてからしばらくして海外出張に出かけ、取引先の外国人と話をした際に、以前よりも明らかに返答するまでの間が短くなったと感じました。

要は、頭の中で日本語で考えなくなったということです。

僕がカランメソッドのレッスンを体験してみて感じたことをまとめると、カランメソッドは英語に対する瞬発力、反射神経を非常に高めることができるメソッドであるということです。

カランメソッドは、これまで英会話にチャレンジしてみたけれども、いまいちテンポよく英語を話せないで伸び悩んでいるような方が挑戦するのに最適なメソッドだと思います。

>> QQ Englishの公式サイトはこちら

【まとめ】スタディサプリENGLISHと提携でビジネス英語も学べる

今回の記事では、僕が実際に2年以上経験してみたからこそ分かるQQ Englishに関する情報をお伝えしました。

QQ Englishは他のオンライン英会話スクールと比較してみると、教師の質と通信品質が抜群で、サービスに安定感があります。

特に、これまで他のスクールで満足できなかった方にQQ Englishを試していただければ、違いをお分かりいただけることと思います。

最後に付け加えておきたいことがあります。

QQ Englishではこれまでスカイプを利用してレッスンを提供していましたが、新たに独自の通信システムである「classroom」というツールを使ったレッスンの提供も始まりました。

従来通りスカイプでのレッスン受講も可能ですが、classroomでは一画面上にカメラ映像とテキスト、チャットボックスが表示されるので、今まで以上に効率の良いレッスンが受けられるようになりました。

QQ Englishでは、新通信システムだけではなく教師全員の正規雇用、セブ島の大規模オフィス、R.E.M.S.などの独自カリキュラムの開発、セブ島留学プログラムの展開など、非常に多岐に渡る事業投資を行っています。

また、2019年からはリクルートと業務提携を結びました。

この提携により、スマホアプリでビジネス英語が学べると評判の『スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース』で学習した内容を、QQ Englishの講師と実際の会話の中で復習することが可能になりました。

QQ Englishとリクルートのタイアップによって、着実にビジネス英語のスキルを伸ばせる新たなサービスが誕生したのです。

(スタディサプリENGLISHのビジネス英語コースについては、以下の記事をご参照ください)

 

関連記事

スマホのアプリで効率的に英会話が学べることで評判が良いスタディサプリENGLISH。これまでは、日常英会話コースTOEIC対策コースTOEIC対策パーソナルコーチプランという3つのラインナップでした。[…]

ビジネス英語コーストップ

 

常に新しい試みに挑戦しているQQ Englishが気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

 

QQ Englishでは2019年11月より、リクルートとの連携をさらに強化!

スタディサプリENGLISHの『ビジネス英語コース』に加え、『新日常英会話コース』で学んだ内容もオンラインレッスンで復習できるようになりました。

スタディサプリENGLISHの新日常英会話コースについては、以下の記事をご参照ください。

商社マンによるスタディサプリ新日常英会話コースの効果検証&感想レビュー