オンライン英会話『イングリッシュベル』の効果と特徴|カラン・DMEメソッド対応でおすすめ

englishbell_logo

英会話を身に付ける手段として定着しつつあるのがオンライン英会話スクールを利用した英会話学習です。

オンライン英会話スクールを選ぶ時には、つい価格ばかりを気にしてしまいがちですが、講師の質やどのような学習メソッドで英会話を学ぶのかといった部分までチェックすることが大切です。

目先の価格が安くても、最終的に英会話力が伸びなければ意味がなく、結局は時間とお金の無駄遣いだったということになりかねません。

今回ご紹介するオンライン英会話スクール『イングリッシュベル(English Bell)』は、価格こそ格安という訳ではありませんが、質の高い講師陣と、タイムリーな話題で英語が学べるDMEメソッドをはじめ、学習効果が高い各種の学習メソッドを自由に選びながら着実に英語が話せるようになると評判です。

こちらの記事では、費用対効果が非常に高い『イングリッシュベル(English Bell)』の効果や特徴、口コミなどについて詳しくお伝えしたいと思います。

【カラン・DMEメソッド】学習メソッドが選べる『イングリッシュベル(English Bell)』の概要

会社概要サービス名

運営会社名

イングリッシュベル

Access e-talk plus Inc,/【日本代理店】ふた鶴合資会社

レッスン情報レッスン時間単位

レッスン時間帯

レッスンツール

レッスン形式

無料体験レッスン

25分

24時間

スカイプ(Skype)

マンツーマン

2回

講師情報講師の国籍

オフィス or 在宅

講師の人数

フィリピン人

オフィス

約100名

支払方法クレジットカード、銀行振込

イングリッシュベル(English Bell)の特徴

特徴

選べる20のクラスと学習メソッド|カラン・DMEメソッドからビジネス英会話まで

イングリッシュベルは開校以来、ダイレクトメソッド(直接教授法)という、効率よく英語を学べるメソッドによる英会話レッスンを追求してきました。

ダイレクトメソッド(直接教授法)とは、学習者の母国語に訳すことなく直接英語を教授する方法になります。

英語の読み書きよりも英語を聞き取る力と話す力、スピードを重視するのが特徴で、母国語で考える前に英語を発話することで、より早く英語脳・英語耳を形成できるというメリットがあります。

イングリッシュベルでは、このダイレクトメソッドに基づいた以下の3つの学習メソッドによるレッスンを提供しています。

・カランメソッド
・DMEメソッド
・Speak Your Mind(スピークユアマインド)

カランメソッド

カランメソッド

ダイレクトメソッドの教授法として日本で一番よく知られているのが通常の4倍の速さで英会話を習得できると言われているカランメソッドです。

イングリッシュベルでは他のオンライン英会話サービスに先駆けてカランメソッドを導入しました。

カランメソッドのポイント一覧表

メソッドの概要1960年代イタリアで講師をしていたカラン氏が開発。語彙や用法が古いという指摘から2012年にアップデートを実施。古典的な表現や文章もわずかながら残されている。ダイレクトメソッドを使用したメソッドの中では高い知名度と長い歴史を持つ。
メソッドの特徴講師は2回同じ質問を繰り返し言い、生徒の答えを待たずに答えを言いだし、生徒は先生の解答にかぶせてシャドーイングのような形で答える。リーディングやディクテーションもあるが、会話レッスンは終始オウム返しになり、テキストに記載の答えのみを使用。
おすすめする人文法は理解しており、スピード感と緊張感があるレッスンでスピーキングに一点集中したい人。ステージが進むにつれて文章が長くなるため、最後のステージまでクリアしたい人や初心者にはおすすめしない。基本的にステージ1から学んでいく。

DMEメソッド

DME

英文法の要素がなく、内容がやや古いというカランメソッドのデメリットを補うメソッドとなるのがDMEメソッドになります。

DMEメソッドのポイント一覧表

メソッドの概要2007年長年カラン講師を勤めた講師達が開発。カランのベース部分はそのままに、不足していた文法部分と相互方向の要素を取り入れたバランスの良いメソッド。3~4年ごとにアップデートを実施し、常に最新の内容を提供している。
メソッドの特徴講師は2回同じ質問を繰り返し言い、生徒はそれに対して答える。テキストに記載の定型文で答えても自分の言葉で答えてもよいが、質問に対しては間髪入れずに答える必要がある。間違った部分は即座に指摘される。難易度がゆっくりと上がっていくので挫折しづらい。
おすすめする人スピーキング能力と文法を同時に鍛えたい人。スピード感と緊張感も必要だが自分のペースも尊重してほしい人。初心者向けのDME Kidsからビジネスにも対応しており、あらゆるレベルの人におすすめ。

Speak Your Mind(スピークユアマインド)

スピークユアマインド

「思っていることを話す、感情や思想を伝える」という点に重点を置いた学習メソッドがスピークユアマインドです。

スピークユアマインドもダイレクトメソッドの一種ですが、カランメソッドのようにひたすらオウム返しで答えるアプローチ方法とは一線を画し、着実に「話せる英語」が身につくように開発されたメソッドです。

Speak Your Mind(スピークユアマインド)のポイント一覧表

メソッドの概要1995年カラン設立時から経営陣の一人であった講師が独立して開発。自然な会話を意識したレッスンは「思ったことを話す」ことを目的とし、スピード感はカランには劣るものの着実なステップアップを可能にするメソッド。
メソッドの特徴講師の質問は1回だけ。テキストには解答例がないため生徒は常に自分の言葉で答える。他のメソッドのように聞かれる質問があらかじめ分かるような仕組みではないので、より「自然な会話」に近いレッスンになる。
おすすめする人自分の意見を英語で言えるようになりたい人。カランやDMEメソッドの機械的なやり方は自分には合わないと感じる人。幅広いレベルが網羅されたカリキュラムのため、初心者から上級者まですべてのレベルの人におすすめ。

カラン・DMEメソッドを含めた豊富な20クラス

イングリッシュベルでは、カランメソッド・DMEメソッド・スピークユアマインドを含め、初心者から上級者まですべてのレベルを網羅した20種類のクラスを用意しています。

イングリッシュベルで学べる20クラスは以下の通りです。

初めて英会話
日常英会話
発音
TOEIC
ビジネス英会話
CNN
カランメソッド
フリートーク
DMEメソッド
DME Teens
DME Kids
DME Advanced
DME Business
Let’s Go
DME Elementary
DME Get down to Business
ボキャブラリービルディング
スピークユアマインドメソッド
IELTS
ティーンズ

毎回違うクラスを利用できるので、例えば今日はDMEクラス、明日はビジネス英会話クラスというように、曜日や目的に合せて自由にクラスを選択することができます。

また、ダイレクトメソッドのクラスだけではなく、通常の日常英会話やビジネス英会話、4技能対策対応のIELTSクラスまで、受講生の幅広い英会話のニーズに応えることができるのが大きな特徴です。

厳しい審査をクリアした質の高い講師

ISO

イングリッシュベルの講師陣は数あるオンライン英会話サービスの中でも、その質の高さはトップレベルを誇ります。

イングリッシュベルでは、講師の採用プロセスにおいて5段階もの審査を実施し、審査をクリアしてから4つのトレーニングを経てようやく講師になることができます。

採用プロセス

また、イングリッシュベルでは「質の高いオンラインレッスンを提供する」というカンパニーミッションを追求し、企業努力を続けた結果として、オンライン英会話スクールとして日本で初めて品質管理・品質保証の国際規格である、ISO9001の認証を取得しています。

このISO品質基準に基づき、イングリッシュベルの講師陣は講師になってからも継続的にトレーニングを受けているので、常に質の高いレッスンを受講することができるようになっています。

完全24時間体制|いつでも効果の高いDMEメソッドを受けられる

24時間

イングリッシュベルは完全24時間体制を確立しているので、早朝でも深夜でもレッスンが受けられます。

どんなに忙しい人でもライフスタイルに合わせてレッスンのスケジュールを入れられるので、いつでもDMEメソッドやスピークユアマインドなどの学習効果の高いメソッドで英会話学習が可能です。

また、イングリッシュベルでは1日の受講可能レッスン数は最大20レッスンまでとなっているため、丸一日空いている日にまとめてレッスンを受講することもできます。

時間の融通が利くのもイングリッシュベルならではのメリットと言えるでしょう。

安定した通信環境|安心のオフィスレッスンに2本の光ファイバー回線

安定したレッスン品質とインターネット回線を維持するために、イングリッシュベルでは設備が充実したオフィスからレッスンを提供しています。

また、インターネット回線は2社のインターネットプロバイダーと契約し、両社から光ファイバーの専用回線を引いているので通信環境は非常に安定しています。

さらに講師が使用するすべてのパソコンとヘッドセットは最新スペックのものを揃え、停電の備えとして、オフィスビルの無停電装置以外に、全講師のパソコンに個別に小型の無停電電源装置を設置。

万全の通信環境を常に維持するための投資と気配りがしっかり行われているのがイングリッシュベルです。

イングリッシュベル(English Bell)の月額料金や料金プラン

料金プラン

イングリッシュベルの料金プランは、受講生のニーズに合せて毎月自動的にレッスン数が追加される「自動更新プラン」と、好きな時に好きなプランを購入できる「その都度購入プラン」の2つがベースの料金プランとなっています。

その他には、家族でレッスン数を共有出来る「家族プラン」もあります。
(※価格は税別表記)

自動更新プラン

プラン名月額料金1レッスンあたり受講回数/月
自動更新・月5回プラン3,510円702円5回
自動更新・月10回プラン5,760円576円10回
自動更新・月20回プラン8,820円441円20回
自動更新・月40回プラン16,110円402円40回

※レッスンの繰り越しは不可。
※一日の受講可能レッスン数は最大20レッスンまで。
※利用期限30日(30日毎に自動決済されます)。

その都度購入プラン

プラン名月額料金1レッスンあたり受講回数/月
その都度購入・月5回プラン3,900円780円5回
その都度購入・月10回プラン6,400円640円10回
その都度購入・月20回プラン9,800円490円20回
その都度購入・デイタイム40回プラン※115,400円385円40回
その都度購入・いつでも40回プラン17,900円447円40回

※レッスンの繰り越しが可能。(最大180日まで)
※一日の受講可能レッスン数は最大20レッスンまで。
※利用期限40日。
※1 午前8時~午後6時までレッスンを受講できるプラン。

家族プラン

プラン名月額料金1レッスンあたり受講回数/月
家族レッスン・5回プラン3,900円780円5回
家族レッスン・10回プラン6,400円640円10回
家族レッスン・20回プラン9,800円490円20回
家族レッスン・40回プラン17,900円448円40回
家族レッスン・60回プラン26,400円440円60回
家族レッスン・80回プラン33,600円420円80回
家族レッスン・100回プラン40,000円400円100回

イングリッシュベルでは家族でレッスンを共有することができます。

家族プランを利用することで、生計を共にする家族だったら何人でも家族会員のメンバーとして登録することが可能となっており、よりお得にレッスンを受講することができます。

イングリッシュベル(English Bell)のおすすめクラスと教材

イングリッシュベルには、初心者から上級者まで対応している数多くのクラスや教材が揃っていますが、ここではその中でも特におすすめのものをご紹介いたします。

DME Get down to Businessクラス

Get down to business

DMEシリーズの中でも最新のビジネスメソッドとなるのが「DME Get down to Business」です。

こちらのクラスはビジネスシーンにおいて専門的なビジネス英単語を使って英語でコミュニケーションを取る必要のあるビジネスパーソンに向けて作られたエントリークラスになります。

イングリッシュベルのDMEメソッドには「DME Businessクラス」という別のビジネス英会話のクラスもありますが「DME Businessクラス」の方が難易度が高くなっており、受講制限があります。

一方「DME Get down to Businessクラス」は、ある程度の英語力は必要になるものの受講制限はないので、これから英語を使った国際的な仕事にチャレンジしたい方など、ビジネス英語の初心者におすすめのクラスとなります。

教材1

DME Get down to Businessも2回の質問に対して答えを述べる形で進行します。

解答例はテキストに記載されていますがが、質問によってはどんな解答でも筋さえ通っていればOKです。

カランメソッドとは異なり自ら英語を考えて話すことで、実践で使えるビジネス英会話を身に付けることができます。

教材2

DME Get down to Businessの各レッスンの間にはエクササイズが用意されています。

エクササイズ部分ではケーススタディを中心に、ディスカッションや考察を行ったり、ネイティブの会話音源を元にリスニング力が試される設問も用意されています。

DME Get down to Businessのテキストは1冊のみとなっていて、オーディオCDが付属します。

テキストに出てくる新出単語は300語と、他のDME Businessクラスに比べて少なくなっていますが、DME Get down to Businessで学ぶ300語のみで、通常のオフィスでのビジネス英会話は十分網羅できます。

ボキャブラリービルディングクラス

ボキャブラリービルディングクラス

DMEメソッドやカランメソッドでも最後まで終えられればTOEICなどの各種検定試験に必要な量の英単語を習得できますが、会話が主体となっているため、習得には少し時間がかかってしまいます。

英会話はDMEメソッドやカランメソッドで鍛え、ボキャブラリーはボキャブラリービルディングクラスで覚える作業に集中するのが賢い学習方法です。

通常、英単語を覚える時には一人で地道に覚えていく作業になりますが、ボキャブラリービルディングクラスならばイングリッシュベルの講師が単語を覚える手助けをしてくれます。

また、レッスンでの講師とのやり取りにおいて、目や手、耳を使い想像力も働かせながら覚えていくため、より効果的に英単語を暗記していくことができるでしょう。

ボキャブラリービルディングでテキストとして使用するのは『DUO 3.0』または『システム英単語』の2種類の英単語帳。

イングリッシュベルでは『DUO 3.0』に出てくる英文では少し長いと感じる人には『システム英単語』の利用を推奨しています。

レッスンの進め方は使用する英単語帳によって若干異なりますが、このクラスの特徴は、英単語を使って英文を作る作業を行うことです。

他のオンライン英会話ではボキャブラリーにフォーカスしたレッスンはあまりないので、一人で英単語を覚えるのが苦手な方にはおすすめのレッスンです。

(※英単語帳『DUO 3.0』について詳しくレビューした別記事もございます。よろしければご参照ください。『英語が話せなかった商社マンが使った2冊の英単語帳【DUO3.0は語彙力アップにおすすめ】』)

イングリッシュベル(English Bell)を活用した効果的な勉強法

イングリッシュベルには優れた学習メソッドと質の高い講師陣が揃っているので、レッスンを受けるだけでも英会話が上達しますが、イングリッシュベルをもっと活用することでさらに学習効果を高めることができます。

DMEのEラーニングシステムで効果的に自己復習

Eラーニング

イングリッシュベルでは、DMEメソッドの自習用にDME出版より提供されているEラーニングシステムを利用することができます。

このシステムはDMEのクラスを受けていない受講生でも、イングリッシュベルの正規会員ならば誰でも無料で利用できるようになっています。

Eラーニングシステムのエクササイズには、穴埋め問題や単語を並び替えて英文を作る問題、単語の反意語を選ぶ問題など、様々な設問が用意されています。

DMEクラスを受講している人が復習用に活用するのはもちろんのこと、DMEクラス以外の人が使っても英語の総合力を伸ばすのに効果があるでしょう。

オンライン英会話『イングリッシュベル(English Bell)』の口コミと評判

英語耳評価

イングリッシュベルを利用している方々の口コミや評判を集めてみました。

やはり講師が優秀であること、DMEメソッドに関する口コミ・評判が見受けられますね。

まとめ

ここまで、DMEメソッドをはじめとする学習効果が高いメソッドを通して英会話が学べるオンライン英会話サービス『イングリッシュベル(English Bell)』について詳しく解説してきました。

質の高い講師と安定した通信環境、そして英語を日本語に翻訳せずに学ぶダイレクトメソッドが充実しているイングリッシュベルは、他のオンライン英会話にはないサービスが揃っていておすすめです。

イングリッシュベルでは、無料体験レッスンを2回受けることができます。
(1回目はレベルテスト、2回目はお好きなクラスをお試しできます。)

イングリッシュベルのDMEなどの各種学習メソッドや講師の質が気になった方には、無料体験レッスンを受けられることをおすすめいたします。

 

おすすめ関連記事

仕事や転職、英語の社内公用語化などで、ビジネス英語を学びたいという人は年々増えています。従来はビジネス英語を学ぶというと、通学型の英会話スクールに通って高い月謝を払うのが常識でした。ところが最近では、英会話スクールに[…]

ビジネス7選

 

おすすめ関連記事

英会話を習得したいと考えている人の中には、リーズナブルな価格が魅力のオンライン英会話サービスを検討している方も多いことでしょう。現在、多くのオンライン英会話サービスではフィリピン人講師がレッスンを提供していますが、「[…]

ネイティブまとめトップ